下着姿の女性とスーツ姿の男性

デリヘルの求人に勤務時間の違いがある理由が解ると労働時間をイメージすることができる

風俗のお店は「風営法」という法律によって、営業時間が規制されています。

にもかかわらず「デリバリーヘルス」の求人を見てみると「時間は自由に働くことが出来ます」などと書いてあることもしばしば。

果たしてこれは一体どういうことでしょうか。

法律の関係上

そもそも風営法で定められた営業時間は「店舗型の風俗店」の場合に適用される規制です。店舗を持たずに女性を派遣するだけの風俗店は、風営法の営業時間規制が適用されないため自由に営業できるようになっているんどえす。

真夜中にしか時間がとれないと言うときでも

「風俗で働いてみたいものの、どうしても真夜中とかそういう時間にしか働くことが出来ない」という場合でも安心してください。デリバリーヘルスであるならば、あなたのそうした願いも叶えてくれます。

もちろんあらかじめお店側に伝えておく必要がありますが、願いを叶えてくれるところが多いでしょう。

ライフスタイルに合わせてもらえる

例えばデリバリーヘルスの仕事を副業として始めようと考えている人の場合、ライフスタイルに合わせて勤務時間を変えてもらなわなければならないことが多いでしょう。

そういうときに、ライフスタイルに合わせて勤務時間を調整できるデリバリーヘルスはサービスの提供形態がぴったりといえますね。

きちんと需要があるから大丈夫

夜中に男性が呼んでくれるだろうかと不安に思われる女性もいらっしゃるかも知れませんが大丈夫です。夜中に仕事が終わるような忙しいお仕事は世の中に山のようにあります。

そういう人にとってみたら、夜中でもきちんと電話をすれば女性を派遣してくれる風俗店の方がありがたいのです。皆さんのライフスタイルに需要があるのです。